38explore ZEROPOD 最小最軽量ランタンスタンド【軽量】

ガスランタンやガソリンランタン、オイルランタンなどを選ぶと大きいが故にランタンスタンドも大きくなりますがゴールゼロやレッドレンザーのml4のようなLEDランタンを使用すればランタンスタンドも軽量化出来ます🙃

今回は38exploreのZEROPODを紹介していきます

38exploreとは

38exploreより引用

宮崎秀仁さんが立ち上げたガレージブランド。 Breathtaking Brainstorm(息をのむ閃き)をモットーに商品開発をしているようです。

公式HPは38explore

A38grateが代表作であり、こちらも手元にあるので後日口コミしたいと思います:)

デザインだけで無く機能性に富んだ商品が多いのが特徴

また、前述したA38grateは拡張性もあり、SOTOのST-310を取り付けるアタッチメントフレーム、遮熱板、風防がセットになっている38GT310も人気がありおすすめです。

ZEROPOD38の使用感・レビュー

スペックはこのようになっています

幅38mm

高さ104mm

重さ:138g

価格:13750円

サイズ感は写真の通りGOAL ZEROとほぼ同じ大きさです。

他のガレージブランドとのコラボも多く

ZEROPOD38はAsimocrafts、TheArthバージョンなど様々です

パーツは本体と3本の支柱と3脚ネジとなっています。

この組み合わせで色々な見た目へと変化します:)

①三脚

3本を開くように差し込むと移動が簡単な形状の3脚スタイルのランタンスタンドに

差し込み方は上記のようになってます

②テーブルスタンド

縦に連結させ机に挟むこともできます。40mmまでの厚さなら挟むことが出来ます。エッジスタンドのような使い方。

この方法はあまりしないですが斜めにセットすることもできます。

メリット・デメリット

デメリット①やはり値段が高い

デメリット②デメリットと言うより注意点になりますが前提条件としてZERO CAP(ゼロキャップ)またはLED CAP(レッドキャップ)が必要でありML4ではなく三脚用が必要なので間違えたり取り付けられないと言うことがないように気をつけなければならない。キャップだけで有ればBASEなどで抽選販売をしているものの他に類似品(偽物?)のようなものも格安ででまわっている。

メリット①:インアバンスなどのEDGE STAND(エッジスタンド)は重量220g程なのでより軽量かつコンパクト

メリット②:ガレージブランド故に被ることは比較的少ない

メリット③:2WAY使用出来るので使用用途や楽しみ方が幅広い

まとめ

 コンパクトになり、小さくなった時にGOAL ZERO「LIGHTHOUSE micro」と同じ形状になる所に惚れ込み購入しましたが満足のいく製品でした!発売当初は入手困難でしたが現在はフリマアプリのBASEなどで定価で購入出来ます🙃メルカリでは高値で売られている場合もあるので損しないように注意して下さい

以上ZEROPOD38の紹介でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA